ロータリークラブ(国際ロータリー第2760地区 ROTARY International District 2760)

公共イメージ向上委員会

「SNS使用時の顔写真の取り扱いに関してのガイドライン」

  • Web, SNS等に掲載する写真は、原則として本人の同意を文書で得ること。
  • ロータリークラブが企画もしくは関係する事業で一般の方も参加する場合には、その案内の中に公益目的で写真等の画像を使用することがある旨を掲示する。
  • また、その案内や使用した媒体中に、本人から個人が特定できる画像の公開を望まない場合に申し出る先として担当先のメールもしくはFAX番号等を掲示すること。
  • 本人から申し出があった場合には、可及的速やかに削除もしくは本人の同定が出来ないような処理を行い、その旨の返事を可能であれば当事者に伝えること。
  • SNS使用時の顔写真の取り扱いに関してのガイドライン(PDF)

最新記事

2016/04/10 Intercity Meeting報告

IM報告 〈東名古屋分区〉

fujitay1.jpg東名古屋分区ガバナー補佐 藤田 義明

 2月25日(木)名古屋東急ホテルにて、加藤陽一ガバナーをはじめ621名の皆さまのご臨席・ご登録を賜り東名古屋分区のIMを開催することができました。本当にありがとうございました。ホストを務めました名古屋葵ロータリークラブは11年目を迎え、会員数20名と少人数ですが、チームワークは抜群であります。今回のIM開催にあたりましても加藤久雄実行委員長を中心に会員全員で準備を進めて参りました。

 今回のテーマを「愛あるロータリー活動」とし、記念講演は量産エンジンとしては圧倒的な低燃費と快適な走りを実現するSKYACTIVエンジンを開発されたマツダ株式会社常務執行役員の人見光夫氏をお招きし「SKYACTIVエンジン開発発想の転換」をテーマにクルマづくりすべてのプロセスを革新する「モノづくり革新」についてお話を頂きました。少人数による開発手法「選択と集中」「一番ピンは何?」のお話は私たち中小企業の経営に通ずるところがあります。クルマ好きの皆さんには興味深い話が聞けたかと思います。また、懇親会は「西川流」西川京志郎による日本舞踊をオープニングに、アトラクションはリズム上での会話と即興性をコンセプトに結成され、本場をスペインでも高く評価されている「フラメンコロイド」によるギター、唄、手拍子というシンプルなサウンドを組み合わせた個性豊かなフラメンコを観賞して頂きました。和と洋のアトラクションにより、会場全体がなごやかなムードに包まれました。

 最後の「手に手つないで」も大きな笑顔の輪に包まれ、ホストクラブとしてホッと致した次第です。不手際が多々あったかとは存じますが、あらためてロータリーの友情に感謝致します。

20160404im-1.jpg20160404im-2.jpg20160404im-3.jpg20160404im-4.jpg

2016/04/10 Intercity Meeting報告

西三河分区9クラブの友情と絆

sugiuray1.jpg西三河分区ガバナー補佐 杉浦 世志朗

 2015 -16年の西三河分区IMを盛大のうちに終えることが出来ました。9クラブの皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます。

 さて今年度、RI第2760地区 加藤陽一ガバナーの方針は"ロータリーの原点に学ぶ"~友情と寛容の輪を拡げよう~であります。このテーマを確認し合う場がIMであり、式典・講演会・懇親会を通して分区内9クラブの友情と絆の輪が更に強く結ばれたものと確信いたしております。

 刈谷クラブらしいIMをということで、加藤真治会長、鈴木豊実行委員長をはじめ会員の総力をあげて取り組みました。式典のオープニングのサンドアートに始まり、記念講演の福島敦子氏による"私が出会った素敵な人たち"では、幅広いジャンルで活躍されている福島先生ならではのお話でウイットの中にもしっかりと引き込まれました。

 懇親会では私どもの"刈谷ロータリーバンド"の演奏をお楽しみ頂きました。ホストの刈谷クラブ全員の"おもてなし"の気持ちを曲にのせてお届けいたしました。楽しい談笑のなかで、先輩・後輩また9クラブの垣根をこえて、テーマに有りますように、友情と絆の輪が拡がっていければ幸いです。

 いずれにいたしましても、第2760地区・西三河分区内9クラブのロータリアン540余名の心は一つ!を合言葉に今後も西三河分区の発展と各クラブの活性化、地域に愛される、地域に必要とされるクラブ運営に邁進して頂くことを心よりお願い申し上げガバナー補佐のお礼のご挨拶とさせていただきます。

20160403im-1.jpg20160403im-2.jpg20160403im-3.jpg20160403im-4.jpg

2016/03/10 クラブ周年報告

豊橋東ロータリークラブ 創立20周年記念式典 報告

豊橋東ロータリークラブ 会長 川西 裕康

豊橋東ロータリークラブ創立20周年記念式典は、2016年1月24日ホテルアークリッシュ豊橋にて挙行させていただきました。豊橋市副市長堀内一孝様、豊橋商工会議所会頭吉川一弘様にご来賓としてご臨席を賜り、またロータリークラブからは第2760地区ガバナー加藤陽一様をはじめとして、多くの地区、分区役員の皆様、また当クラブ創設時並びにその後に大変お世話になった多くのロータリアンの皆様にもご出席をいただきました。豊橋東ロータリークラブは、当時の地区ガバナー石川和昌様の拡大理念に基づき、中村英彦特別代表の指導のもと、豊橋南ロータリークラブ様をスポンサーとして、ちょうど20年前の1996年1月24日、豊橋で5番目のロータリークラブとして創立総会を挙行しました。創立の精神として「青少年を対象として、教育・スポーツ活動を通して国際交流を図り、世界平和に貢献する」を重点目標に掲げ、奉仕活動の推進に努力して参りました。創立以来韓国中央大学校日語日文学科生徒の短期留学を通じた交流事業を続け、同事業は会員企業に引き継がれています。ここ3年は東北大震災復興支援の一環として桜丘高校と連携しながら東三河の高校生を現地に派遣する事業を実施しています。また本年度は20周年記念事業として、2015年7月29日に豊橋市公会堂にて、気仙沼市在住のシンガーソングライター熊谷育美さんによる「復興の風吹きやまぬ 東北よりの風コンサート」を開催しました。気仙沼市から招いた高校生10名を交え、たくさんの東三河の高校生や市民の方々にご参加頂きました。当クラブは現在も豊橋で最も若いクラブであり、42名の会員にて持続可能(sustainable)な方法で、多様性を尊重し(diversity)、楽しく交われるクラブを目指した運営を続けてまいりたいと決意しています。なお一層のご指導ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

20160306sk-1.jpg20160306sk-2.jpg20160306sk-3.jpg20160306sk-4.jpg

2016/03/10 Intercity Meeting報告

西三河中分区 IM開催を終えて

20160302im-1.jpg西三河中分区 ガバナー補佐 小幡 輝雄

 2016年2月13日(土) ホテル・フォレスタヒルズにて15-16年度西三河中分区・インターシティーミーティング(IM)を豊田西RCをホストクラブとして、ご来賓に太田稔彦豊田市長、加藤陽一ガバナー、斎藤直美RI理事エレクト、大竹地区幹事はじめ多くの特別出席者のご臨席を賜り開催させていただきました。西三河中分区9RCの会員296名、地区外会員5名合計301名のご登録・参加いただきました。
 本年度の西三河中分区IMは、本来のIMの目的である近隣クラブが共通のテーマで語り合い、親睦・交流・情報交換の場とする主旨のもと開催させていただきました。西三河中分区9RC実践してみえる地域に密着した個性あふれる奉仕事業を発表、パネル掲示していただき情報交換の場とさせていただきました。点鐘に始まり、豊田市長のご祝辞、加藤ガバナーよりのご挨拶を賜り、各RCの活動発表をいたしました。(1)岡崎南RCより、岡崎市立美合小学校のホタル保護への地域を取り込んだ活動事例。(2)岡崎城南RCよりミャンマーへの図書館建設、奨学生等教育支援事例。(3)豊田東RCより子供への食育をテーマにした活動と少年野球等への支援活動事例。(4)豊田西RCより地区RCC補助金を利用しての豊田市内子ども歌舞伎、東日本大震災遺児育英支援、少年野球、在日外国人子供教育支援活動事例。5RCにつきましては、友愛の広場にて奉仕活動事例のパネル掲示をさせていただき、各RCの情報交換の場とさせていただきました。又、IMのもうひとつの目的である9RCの会員の交流の場である懇親会も岡崎・豊田地区のロータリアンが和気合々のもと親睦を多いに深めることができたIMでありました。
 加藤陽一ガバナーを始め多くの特別出席者の方々、西三河中分区9RC会員のご指導とご協力を賜り厚くお礼申し上げIM開催の報告とさせていただきます。

20160302im-2.jpg20160302im-3.jpg20160302im-4.jpg


2016/03/10 Intercity Meeting報告

2015-2016年度〈西尾張分区〉 I.M.開催報告

西尾張分区 I.M.実行委員会 実行委員長 山内 登

 「国際ロータリー第2760地区 2015-2016年度 西尾張分区 I.M.」には、大変多くのメンバーの皆様にご参加を頂き本当にありがとうございました。まずもって御礼申し上げます。
 当日、こまの妙技と合唱を披露させて頂きましたが、合唱団の一人に体の不自由な子がいました。舞台から車椅子を降ろす時、メンバーの皆様がただちに手をかしてくれました。ロータリーの「奉仕の精神」が宿っていると思い、やすらかな気持ちになりました。また、テーブルに着いて勉強するのも良いのですが、お酒をくみかわしながらロータリーについてミーティングが行われた事も大変頼もしく思いました。
 短い時間ではありましたが、無事に終える事ができました。最後にもう一度御礼を申し上げ感謝致します。

20160301im-1.jpg20160301im-2.jpg20160301im-3.jpg20160301im-4.jpg

≫ 2014年06月以前の内容はこちら