ロータリークラブ(国際ロータリー第2760地区 ROTARY International District 2760)

公共イメージ向上委員会

「SNS使用時の顔写真の取り扱いに関してのガイドライン」

  • Web, SNS等に掲載する写真は、原則として本人の同意を文書で得ること。
  • ロータリークラブが企画もしくは関係する事業で一般の方も参加する場合には、その案内の中に公益目的で写真等の画像を使用することがある旨を掲示する。
  • また、その案内や使用した媒体中に、本人から個人が特定できる画像の公開を望まない場合に申し出る先として担当先のメールもしくはFAX番号等を掲示すること。
  • 本人から申し出があった場合には、可及的速やかに削除もしくは本人の同定が出来ないような処理を行い、その旨の返事を可能であれば当事者に伝えること。
  • SNS使用時の顔写真の取り扱いに関してのガイドライン(PDF)

最新記事

2017/09/04 地域青少年育成活動

名古屋、ナゴヤ、NAGOYA。「私にとっての名古屋」が伝わる1分間の動画で、世界に名古屋を紹介し、豪華景品をゲットしよう!

名古屋、ナゴヤ、NAGOYA。

「私にとっての名古屋」が伝わる1分間の動画で、世界に名古屋を紹介し、豪華景品をゲットしよう!

名古屋みなとロータリークラブ

「NAGOYA*HELLO MY WORLD」への協力のお願い
さて、今年度青少年育成事業として、「NAGOYA*HELLO MY WORLD
(名古屋・ハロー・マイワールド)」を実施しております。
大昔には日本の中心であった名古屋、しかし今では「魅力に欠ける・魅力のない街」と言われる
有様です。
そこで名古屋をもっと活性化・国際化させるために「NAGOYA*HELLO MY WORLD」は「ミートアップようこそ名古屋へ」「ビディオコンテスト名古屋の感動」「スクールビジット世界への扉」の3 事業により、名古屋の青少年と名古屋に来た留学生らとの交流により、名古屋の発展・国際化と、また留学生には日本で何かを得て母国に貢献できる機会を作りたいと思います。
豪華賞品も用意しております。ぜひお知り合いの留学生、外国人の方がお見えでしたら、こちらから詳細な資料をメールさせていただきますので御連絡ください。

事業内容の詳細はPDFをご確認ください。

NAGOYAHELLOMyWORLDS.PDF

公式ホームページはこちら

http://hellomyworld.info/

nagoyaminato1.jpg

nagoyaminato2.jpg

2017/06/10 社会奉仕活動

中川運河キャナルアート 「コスモス&公園クリーンアッププロジェクト」(名古屋市内25RC社会奉仕委員会)

2760monthlyletter_201708-011.jpg

名古屋の真ん中を流れる中川運河は「東洋一の運河」と呼ばれ昭和中期までこの地域の水上輸送を担う物流の大動脈として名古屋経済の近代化を支えました。しかし近年荒れ果てた沿道には倉庫群が立ち並び繁栄した時代の姿を留めてはいません。
名古屋市内25RC社会奉仕員会では昨年度からボランティア団体の一般社団法人「中川運河キャナルアート」と共に「コスモスプロジェクト」に参画しています。この事業は中川運河沿いの景観を整備するために、公園の清掃やコスモスの種を撒き、運河沿いをコスモスで彩りたいという環境保全を目的に、同法人が8年前から実施しています。
さて、今年の最初の活動は、最高気温を記録した炎天下、6 月10 日に実施され、地元企業や住民の方々をはじめ愛知大学の学生、福祉団体や口コミで集まった周辺の人々と一緒に、家庭から出る生活ごみ拾いから始まり、素手で小石を除去し、最後にコスモスの種を撒きました。
今年10 月にはこの奉仕活動をより多くの方々にも知っていただくため、栄の久屋大通公園で開催される毎年恒例のWFF(ワールドフード+ ふれ愛フェスタ)で、コスモスの種を一般の方々にも配布する予定です。この活動が単に委員会支援に留まらず大きな奉仕活動に育て上げたいと考えていますまだ参加されていないロータリアンの皆さん、ぜひ一度参加して頂き、地域の方と一緒に汗をかいてみませんか。
次回は2018 年6 月10 日(日)に開催予定です。
【お問合せ・PJの確認】一般社団法人「キャナルアート」(HP)http://www.canal-art.org/

2760monthlyletter_201708-012.jpg 2760monthlyletter_201708-013.jpg

2017/06/06 社会奉仕活動

豊川リレーマラソン2017を盛り上げる!(豊川宝飯ロータリークラブ)

豊川市のスポーツイベントの一つ「豊川リレーマラソン2017」が2017年6月4日に、今年も盛大に開催されました。参加人数3,500人を超える豊川市でのスポーツビックイベントに成長しました。

豊川宝飯ロータリークラブは、7年前の創立25周年事業で「豊川アスリートサポーターズクラブ」を設立し、市内で行われる陸上競技イベンや大会を応援してきました。7回目を迎えるこの豊川リレーマラソンも初回から応援サポートをして大会を支援してきました。そして、昨年に引き続き、応援だけでなく、我々ロータリアンも参加をして、ロータリークラブの活動をPRしながら、大会を盛り上げました。

参加チーム400チーム中299位という昨年の成績を上回る好成績で、42.195キロをタスキを繋いで完走しました。元気な元気なロータリアンを地元の皆さんにPR出来たと思っています。

国際ロータリー2760地区 豊川宝飯ロータリークラブ


thrc1.jpgthrc2.jpg

2017/04/28 Intercity Meeting報告

西名古屋分区インター・シティー・ミーテング(IM)報告

西名古屋分区 ガバナー補佐 深谷友尋

この度の西名古屋インター・シティー・ミーテングはロータリー財団創立100 周年を祝い「子供たちにポリオのない世界を」テーマに開催致しました。
西名古屋IM は2 年のブランクがありましたが、13 クラブ会長幹事のご協力のもと、素晴らしいIM を開催することが出来ました。服部良男ガバナー並びに分区ガバナー補佐をはじめ地区役員の皆様にも謹上華を添えていただき衷心より厚く御礼申し上げます。また名古屋クラブを始め市内13 クラブの会員皆様、457 名のご登録を賜り誠に有難うございました。
会に先立ち、地区ロータリー財団へロータリー財団創立100 周年記念ポリオ撲滅寄付並びに米山記念奨学会寄付をそれぞれに寄贈いたしました。
西名古屋分区の各クラブは醸成されたクラブ運営を行っており、各クラブ紹介にもそれぞれのクラブの特色が発表され各クラブ間の情報交換が出来ました。本年度の国際ロータリーのテーマ「人類に奉仕するロータリー」を提唱され、またガバナー方針を「真のロータリアンになろう、ロータリアンを見つけよう」と定めロータリー活動を行ってまいりました。
国際ロータリーは規定審議にて、現状のロータリー精神を堅持し、よりわかり易く、身近で、参加しやすいプログラムへと変わりつつあります。
そこで国際ロータリー理事斉藤直美様より「ロータリーはかわる」と題して基調講演をいただき、未来のロータリーの新しい方向性について御講演賜り、より実践的なお話を聞くことが出来ました。
記念講演には、中部大学教授の武田邦彦先生より「エネルギー環境の近未来」と題して、武田先生のユニークなロータリアンの健康の秘訣から超寿命・環境問題と多岐にわたる興味深いお話に魅了された御講演でした。
アトラクションには、世界を舞台に活躍されているジャズ・バイオリニスト寺井尚子さんの繊細な表現力と情熱的な演奏に参加者一同酔いしれました。
最後に梅田武久実行委員長をはじめ、みなとロータリークラブ鈴木哲会長、会員の皆様にご協力を頂き心から感謝申し上げます。

imnn1.jpgimnn2.jpgimnn3.jpg


2017/04/28 Intercity Meeting報告

西三河中分区IM「~Enjoy Rotary~」報告

西三河中分区 ガバナー補佐 小島哲夫

3 月4 日、名鉄トヨタホテルにて「西三河中分区 IM」を開催し、当日は、来賓に豊田市長 太田稔彦様、特別出席者としてRI 理事 斎藤直美様・2760 地区ガバナー 服部良男様並びに分区担当地区スタッフ、そして分区内300 余名の会員のご出席を頂き盛大に開催することが出来ました。
本年度のテーマは「~ Enjoy Rotary ~」とし、例会や親睦会はもとより世界中の人々を笑顔にするための奉仕活動も含めてロータリー活動を楽しんで欲しいとの思いでテーマを決めました。なかでも懇親会は分区内会員相互の親睦を目的にして例年に無い夜間のパーティー式のIM を行いました。来賓の太田豊田市長も過密なスケジュールの中駆けつけてくださり、懇親会の余興にまで参加いただき感謝の気持ちで一杯です。
今回のIM の記念講演には、国際ロータリー理事 斎藤直美様より「これからの国際ロータリーの目指すところ」~ロータリーの潮目がかわった~の題目でお話しを頂き、最近は世界中で会員数の二極化の進行が著しく、現状把握と若手や女性会員の獲得を含む長期計画の必要性と、クラブ運営や例会のあり方など柔軟な運営を考えることが必要との話を頂きました。
懇親会では料理と酒を楽しみながら各クラブのアピールタイムとして、プロジェクションマッピングをオープニングに、伝統芸能の三味線や剣舞、姉妹提携都市の台湾の民族舞踊やカラオケに手品など各クラブの特長を活かした余興で出席者は大いに盛り上がり分区内の親睦を深めることが出来たと思います。どこで会っても「やあ」「おい」と手を振り合えるような会員間の付き合いがより深まる一助となればという思いで企画させていただきましたが、全クラブの出演者の皆さんには感謝申し上げます。
最後に、本年度IM にご参加頂きました皆様方並びに、ホストクラブの豊田中ロータリークラブIM実行委員会の皆さんに心より御礼申し上げます。

imnmn1.jpgimnmn2.jpgimnmn3.jpgimnmn4.jpg

≫ 2014年06月以前の内容はこちら